2010年09月27日

Pithivier aux marrons

 
 数日前にご紹介したマロンのミルフィーユも今だけの味ですが、
 こちらのピティヴィエ・オ・マロンも季節限定の商品です。
 
 ピティヴィエは、サクッと歯切れのいい香ばしい生地と、
 アーモンドクリームの相性のよさがなんとも美味しいパイ菓子です。
 フレッソンでは毎年1月限定でガレット・デ・ロワを出していますが、
 こちらとピティヴィエはよく似ています。
 ただし、ガレット・デ・ロワは薄く焼くのに対して、ピティヴィエは
 高さを出して焼くところが違います。

 写真のピティヴィエ・オ・マロンは、マロンクリーム入りの
 アーモンドクリームの中に、栗の渋皮煮が丸ごとゴロッと入っています。
 丸くてつやつやした見た目もさることながら、
 (焼く前のすがたも、麦わら帽子みたいに見えてかわいかったりします)
 パイの食感とバターの香りと栗のおいしさが一度に味わえる、
 味覚で秋を感じられる一品だと思います。
 
 
 

同じカテゴリー(ヴィエノワズリー)の記事画像
ブリオッシュ
ピティビエ・オー・マロン
クロワッサン
シナモンロール
ボストック
同じカテゴリー(ヴィエノワズリー)の記事
 ブリオッシュ (2015-06-14 19:07)
 ピティビエ・オー・マロン (2011-09-16 16:14)
 クロワッサン (2011-02-02 22:00)
 シナモンロール (2010-11-23 19:44)
 ボストック (2010-10-12 19:04)
Posted by ボストック at 19:29│Comments(0)ヴィエノワズリー
コメントフォーム
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。